有意義な講演会、無駄な講演会

今までにどんな講演会に出た事がありますか?
その講演会の後であなたに何か残りましたか?
講演者の言葉を覚えていますか?

◎有意義な講演会の特徴

講演者が話す間中、楽しかったり笑ったり泣いたり
怒りを感じたり始終、感情が突き動かされ、生きている感じがした。

講演会のメリットはこのライブ感にあるのです。
家でトークビデオを見るのとは違って講演者のリアルな声を聞いて
リアルな感情を抱く、共感して気持ちを揺さぶられる、そんな
生の体験が講演会の醍醐味と言えます。

その講演会に行く事で今までとは異なるバイタリティーを得る事ができて
次なる行動力となった、人生が変わった。良い講演会にはそれくらいの大きな影響力があります。

 

◎つまらない講演会と無駄足

今までにこんな経験をしたことはありませんか?

あるタレントのファンで遠路はるばる東京まで足を運んだのに
つまらなかった、疲れただけだった…何も得るものがなかった。

講演会だけでなくその講演者まで嫌いになってしまう事もありますよね。

それくらい、人にとって心に響かない、つまらない話を聞かされるというのは
疲れる事なのです。

どこがポイントなのかわからないのっぺりとした平坦な話を
ただ聞かされて貴重な時間をつぶして帰ってきた、というのでは残らないどころか
人生の無駄になっていまいます。

 

◎講師の話し方と会場のエネルギー状態

有用な情報を流れ良く順序立てて時に笑いを誘いながら

声の大きさから話し方、トーンや抑揚、テンションの上げ下げなど
話し手の話術、トークのテクニックは講演会の成功の鍵を握る非常に重要な要素となってきます。

聞く側のモチベーションにつながるような情報を提示すると共に勇気づける。
それには講演者のエネルギーが大事です。

講演会を終えたときに会場が躍動感や熱い気持ちに包まれて
エネルギー状態が上がっている、成功する講演会にはそれがあります。

それは聴衆者にその場の元気を与えるだけでなく
会場を去ったあとも、その後の生活の原動力となり人生に対する考え方を
示唆する影響力となります。

この影響力と会場のエネルギー状態がその講演会が成功なのか失敗なのかを
分けるポイントになります。

講演を開く側にとっても
聞く側にとっても有益な時間となる、それが成功と言える講演会の特徴です。
良い講演会は人生を豊かにして、悪い講演会は人生を無駄にします。